バスク模様の平皿 (Bearn その1)

フランス H.B.C.M.(Hippolyte Boulenger-Creil-Montereau/イポリット・ブーランジェ=クレイユ=モントロー)窯のバスク模様の平皿、1930年代前半のものです。(Bearnその2もあります)
白/赤/青の鮮やかな配色が印象的ですが、同時に素朴さも感じられる飽きのこないデザインです。円周に沿って描かれた赤色の2本線は手描きで青色の直線はステンシル、Badonviller(バドンヴィレー)窯のもの(FBその1その2)と比べるとラインの描線もくっきりと均一に出ていることが分かります。また焼き締めの柔らかいファイアンス陶器ならではの質感やクリームがかったベースの白色、裏側の仕上げ等、窯や製造年によって特徴が異なるのも魅力の一つです。

全体的に貫入が入っており、表面・裏面共に色が沈着してる部分が見られます(画像ご参照ください)。その他、表面には細かいカトラリー痕やスレ、釉薬の凹凸も見られますが、大きなキズや欠けは見られません。裏面にはBéarn HBCM Franceの刻印、判読が難しいのですが1とBに似た刻み、赤色で3のような刻印、また表面と同じく裏面にも貫入と色の沈着、釉薬の凹凸も見られます。これらの特徴はいずれも長い年月を経た古いもの、手工業時代に製造されたものの魅力であり、同じものが存在しない味わいとしてご理解頂けます様お願い申し上げます。

バイヤー"A"が日々愛用する様子はコチラから。


直径 23.4cm
高さ 2.6cm
重さ 471g


お買い物に際して

achikochizで扱うものはすべて実際に使用されたユーズド品です。

その特性上、年月の積み重ねによる使用の痕跡やキズ、スレ、汚れ等がある場合もございますが、現代のものとは異なる味わいや質感、形がこれら古いものの魅力であり醍醐味です。

また全ての品物において製造年や製造国が異なる為、現在の使用環境には適応していないケースも考えられます。よって食器・カトラリー類に関しては全て観賞用としての販売であり、ご使用方法や用途等に関してはお客様の判断にお任せしております。以上の点をご理解いただいた上でお買い物をご検討いただけますようお願いいたします。

画像に関しては撮影環境によって実物の色合いとの差異が発生する場合もあります。
ご希望の箇所の詳細や写真等をお送りすることも可能ですので、ご不明な点はご遠慮なくお申し付けください。



  • 8,640円(本体8,000円、税640円)

型番 ck0071